漢字検定書き取り問題 カプサイシン編

ひらがなを漢字にしてください。

1) 唐辛子の辛味の「しゅせいぶん」をカプサイシンという

2) 唐辛子の「げんさんち」は南米だが、コロンブスによってスペインに持ち帰られヨーロッパに広がった

3) シルクロードを渡って中国、「とよとみひでよし」の時代に日本へやってきた

4) カプサイシンは、胃や小腸で吸収されると血液によって脳に運ばれたあと、「ないぞう」感覚神経に働きかけ、副腎にホルモン(アドレナリン)の分泌を促す

5) ホルモンによってエネルギーの「たいしゃ」が高まり、脂肪が燃焼され血行が良くなる

6) カプサイシンにより冷えやむくみなどが「かいぜん」されると言われている

7) 運動による効果とは異なり、カプサイシンは食後すぐに脂肪の「ねんしょう」が始まることからダイエットにも有効であると言われている

8) 多くのビタミン類を含み、減塩効果や「めんえきりょく」の向上(白血球の活発化)などの効果がある

9) 昨夜の夕飯はキムチ「なべ」だった

10) 残り汁にご飯をいれて「ぞうすい」を作った

それでは、解答です

1) 主成分

2) 原産地

3) 豊臣秀吉

4) 内臓

5) 代謝

6) 改善

7) 燃焼

8) 免疫力

9) 鍋

10) 雑炊

サブコンテンツ
ボケない、認知症にならない大人の漢字パズル

bookall

このページの先頭へ