知能指数検査の目的

知能指数検査は、小学校、中学校などでは、精神遅滞の児童の発見に役に立ちます。学校の成績が悪いからといって、知能指数が低いということにはなりません。
やる気がない。精神的な問題を抱えていると、学校の成績は低くなります。

頭がいくら良くても勉強しない子供は成績が悪い。
勉強するやる気のない子供も、成績が悪いのです。

成績が悪い子供に対して知能テストをすると、知能指数が100以上あるという子も結構います。

知能が低いわけではない。
何らかの精神的な問題を抱えていると、知能は高いのに成績は低い、ということが起きてきます。
精神的な問題が解決すると、成績が目覚しくよくなったりします。

精神科医や心理カウンセラーの診察でも、ある程度の予想はつきますが、IQ検査によってハッキリとした診断を下すことが出来ます。

サブコンテンツ
ボケない、認知症にならない大人の漢字パズル

bookall

このページの先頭へ